商品ページ

※ 大画像をクリックで拡大表示。

普遍人間学 -教育の基として-

著者: ルドルフ・シュタイナー/ 翻訳: 鈴木 一博

出版社名: 榛(はんのぎ)書房 + 精巧堂出版

在庫:

本体価格: 2,800 円 (税込 3,024 円)

数量:
シェアする

商品紹介

<レコメンド>
20代前半の私がほとんどはじめて(に近かったのです)出会ったドイツ語はAllgemeine Menshenkunde-普遍人間学-でした。
言っちゃいけませんが、ぼんくらで、教師になろうなどと思わなかった。私さえシュタイナーの勉強会で、熱心に読んだ本です。
シュタイナーの徹底して人間を学ぼうとする視線、しかも静かで知恵に満ちているのに、人間に対する愛情深い分析姿勢が好きでした。「ひとりひとりの子の自由へ、より添う教育」「自由への教育」という私のイメージを、日に日にふくらましてくれました。
教育者にあらずとも、そのように他人の前に立ちたいものと今でも思います。
さあ、改めて学び始めようと思います。

※鈴木一博氏の翻訳は誠実の一言につきます。
段落のおわりの☆印の原語への註が独特で理解をさらに助けてくれます。

                          精巧堂出版 代表 越中 奉

登録情報

版型:B6変形(125×190mm) 380頁
発行日:2013/5/1 (初版第一刷)
ISBN:978-4-904082-20-1

目次

挨拶 シュトットガルト、1919年8月20日

1、シュトットガルト、1919年8月21日
2、シュトットガルト、1919年8月22日
3、シュトットガルト、1919年8月23日
4、シュトットガルト、1919年8月25日
5、シュトットガルト、1919年8月26日
6、シュトットガルト、1919年8月27日
7、シュトットガルト、1919年8月28日
8、シュトットガルト、1919年8月29日
9、シュトットガルト、1919年8月30日
10、シュトットガルト、1919年9月1日
11、シュトットガルト、1919年9月2日
12、シュトットガルト、1919年9月3日
13、シュトットガルト、1919年9月4日
14、シュトットガルト、1919年9月5日

付録 自由ワルドルフ学校の開校式での挨拶から
             マリー・シュタイナーの序とともに


 ・この版について
 ・テキストへの註

人名索引

配送料金(送料) ※商品代金とは別に、送料が加算されます。

ヤマト運輸 ネコポス(全国一律) 324円(税込)/1口(2冊まで)
※この書籍は、他の書籍と同封できません。

まとめ買い注文の際、注文個数や注文商品の組み合わせによっては、
決済された送料と実際かかった送料に誤差が発生してしまう場合がございます。
その際にはご不便をおかけしますが、あらかじめご了承ください。

※お届けまで2〜4日程お時間を要します。
※大口でのご注文の場合は、ご相談ください。

出版社「榛(はんのぎ)書房 + 精巧堂出版」の関連商品

自由を考える

本体価格:3,300円(税別)