商品ページ

※ 大画像をクリックで拡大表示。

現代語訳 後三年合戦記

著者: 高垣 直澄

出版社名: 精巧堂出版

在庫:

本体価格: 1,000 円 (税込 1,080 円)

数量:
シェアする

商品紹介

 著者の高垣直澄氏は、秋田県平鹿郡の生まれ。小学生の頃から「後三年の役」は知っていたが、辺境の地に起きたこの戦が国史に影響を及ぼすほどの事件だとは思わずにいたという。
 本書の刊行は、地元の友人である熊谷章氏(「金沢諏訪堂の会」代表)から「清原一族を考える会」に誘われたことがきっかけで、後三年合戦において滅ぼされた清原一族の「追善供養」が執筆動機だと、あとがきに記している。
 内容は「後三年合戦絵詞」を主軸に、「奥州後三年記」「康富記」を合わせた編成で、高垣流の闊達な訳文となっている。
 地元の戦として多くの人が知る後三年合戦だが、その詳細を知る人は少なく、手軽に入手できる訳本もこれまでほとんどなかった。高垣氏の『現代語訳 後三年合戦記』は、ふるさとの歴史を知る最良の書といえる。

登録情報

版型:A5判(148×210mm) 104頁
発行日:2018/12/11
ISBN:978-4-904082-43-0

目次

現代語訳後三年合戦記の出版にあたって 熊谷 章
いまなぜ「後三年合戦」か―発刊を祝して 黒沢せいこ

はじめに

現代語訳「後三年合戦記」
登場人物関係図
註記
年表
原文(後三年合戦絵詞・奥州後三年記・康富記)
随筆 歴史雑話
 一、国司任了の年に事件が起きる怪
 二、清衡という人
 三、「ナイ」地名と「ベツ」地名
 四、歴史に「もしも」はないけれど(囲碁のはなし)
 五、私の朝鮮語(韓国語)

おわりに
著者自己紹介

配送料金(送料) ※商品代金とは別に、送料が加算されます。

全国一律 324円(税込)/1口(3冊まで)

配送方法は、弊社配送スタッフの判断で選択させて頂きます。
レターパックライト(日本郵便)、ネコポス(ヤマト運輸)などで
配送を予定しております。
上記以外の配送方法となることもございます。あらかじめご了承ください。

まとめ買い注文の際、注文個数や注文商品の組み合わせによっては、
決済された送料と実際かかった送料に誤差が発生してしまう場合がございます。
その際にはご不便をおかけしますが、あらかじめご了承ください。

※到着までに1〜4日程のお時間を要します。
※大口でのご注文の場合は、ご注文前にご相談ください。
※ポストカード、グリーティングカードと同梱できます。書籍3冊に加えて、10セットまで同梱可能です。

出版社「精巧堂出版」の関連商品

なみのあいまにふねこいで

本体価格:1,800円(税別)

あしたふるあめ

本体価格:1,000円(税別)

きせつの手作りおやつ

本体価格:1,200円(税別)

めぐる季節のウールワーク

本体価格:1,200円(税別)

光の海

本体価格:2,500円(税別)

湧水の奏DVD 其の壱 

本体価格:1,000円(税別)

恋文病

本体価格:1,800円(税別)

ウール手作りわざ

本体価格:2,000円(税別)

大曲市 名木・古木の今昔

本体価格:952円(税別)

亜加梨2

本体価格:1,000円(税別)

縄文柴犬ノート

本体価格:1,800円(税別)

湧水の奏DVD 其の弐

本体価格:1,600円(税別)